留学しながら働く | 魅力ある留学、豊富なメリットを求めてワーキングホリデー

留学しながら働く

ワーキングほりでーについて

ワーキングホリデー (Working Holiday) とは、日本と海外の他の国とで結ばれている協定に基づいて、18歳から30歳程度の青年が、日本以外の国で英会話等のスクールに通いながら語学の向上を目的とした留学などで、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認めるという制度です。原則としては、ワーキングホリデー制度では、各国に対して生涯で一度のみ利用できることになっています。 このワーキングホリデーでは、両国の青年を1年にわたって受け入れることによって、広い国際的視野をもった人を育成し両国間の相互理解を深めることや、友好関係を構築することを目的としています。 また、本人にとっては海外生活を長期かつ総合的に体験できる場にもなっています。ワーキングホリデーを利用するためには、各国の大使館等で情報を確認することが必要です。

スクールにとアルバイトの両立がワーキングホリデーのトレンドです

外国人向けの語学学校というものがあります。海外にはそうしたところで数ヶ月数十万円から授業を受けられるようになっているため、まずは学生ビザで海外に行くというのがいまの主流です。 もちろんこれは日本人として拙い語学力をなんとかまともにするために行われるため、ある程度、英語が上昇すれば卒業となります。 卒業後に重要になるのがワーキングホリデービザです。語学学校を出て英会話の自信が身につくとワーキングホリデーの仕事探しにも積極性が生まれます。不安も解消さえ、仕事でも現地の業務をすぐに行えるようになるのです。 ワーキングホリデーではアルバイトを行うのがメインとなりますが、その期間は延ばすことができます。ワーキングホリデービザで長期滞在し学校に通ったりアルバイトでお金を貯めたりの繰り返しを行うことで、英語力を鍛えるだけでなく場合によっては現地の専門学校に通って技術を身につけるというのが今の若者の行動の主流となりつつあります。